FC2ブログ

同じタグをつけた記事を探します: パンティ  お尻  Tバック  ショーツ 

 

なんとなく

たまにはね^^



YfCxC.jpg




98764567.jpg



クスクス^^


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 今夜のおかず
ジャンル : アダルト

同じタグをつけた記事を探します: EliseSutton    FemaleDomination  フェティッシュ  レオタード  服従  屈服  支配    フェイスシッティング 

 

見つけた!確信しました。


リンクのトップにも貼ってあるんだけれど、尊敬してるElise SuttonさまのFemale Dominationっていう洋書を冬に買って、
辞書片手に超~スローペースで読んでいるのです。

51fjlnTLHEL.jpg

ここでも、なん回か取り上げているんです。

http://sabbatina.blog.fc2.com/blog-entry-5.html

http://sabbatina.blog.fc2.com/blog-entry-26.html

これだ、これだ。

2010年て、もうそんなに昔のことなんだ、(°д°)ビックリ



ちょっと衝撃的な内容で、
「男を操る」なんて言いながら、どうしても夫婦で喧嘩してしまうときがあるのだけれど、これ読んで開眼しました。

いろいろと工夫してみます。

まだまだ、浅いなぁ~。


以下、つたない訳なんですが、読んでみてくださいね^^

「あたしは、夫には強い革のフェティッシュがあるのを知っています。

あたしがクールダウンしたあと、セクシーな革のレオタードを着けて、彼のところに戻って、膝まづくように命令するかもしれません。

あたしは彼の心の葛藤を見ることができます。彼の怒りは諍いを続けたくてしかたないのだけれど、彼の服従したい気持ちは、あたしの前で屈服したくてしようがないのです。そんな彼の葛藤を見ているとうれしくなってきます。

あたしは、囁くような思いっきりセクシーな声で、あたしにお辞儀をしてブーツか足にキスするようにもう一度命じるのです。

あたしは、喧嘩の原因についてはなにも言いません。

あたしは、支配服従のゲームに従っているのです。

まぁ必ず、夫は屈服してしまいます。

そして、いったんあたしのブーツか足にキスしたら最後、彼の怒りは体と頭からなくなって、あたしに服従してしまうのが、彼の常なのです。




こういうことがうまくいかなくても、あたしは、彼が逆らえないのがわかっているもう一つの武器を持っています。

彼のところに歩いて行って、彼を抱きしめてキスします。

あたしは、ひとことも喋りません。

手をつないでベッドに連れて行って仰向けに寝かせて、彼の顔の上に静かに座るのです。

そして、あたしのお尻にキスして崇めるように命じるのです。

こうすると、たいていの殿方は、服従の状態にうっとりしてしまいます。

フェイスシッティングしてるから、彼は話ができません。

少なくともつかの間、屈服が彼をにするまで、諍いは封じられるのです。

アプローチのしかたはどうあれ、あたしの目標は、彼を服従モードにさせることです。

それから、あたしは、彼をどれだけ愛しているかを話して、和解します。

その後は、あたしたち夫婦での彼の立場がどんなものなのかを話すように仕向けます。

彼を支配しているのは誰なのか、あたしには彼をどうとでも扱える権限があることを、あたしに話すように仕向けるのです。

彼が服従モードでほんのり興奮しているのが確認できてはじめて、彼に謝罪させてから話し合いを再開します。

また、あたしは支配と服従のゲーム中でしか謝罪を求めません、そうでなければ、諍いを再燃させるかもしれないからです。

謝罪のあとで、うつぶせに彼を縛り上げてからようやく、彼のふるまいに対するお仕置きの時間がはじまります。

彼はすでにもう服従モードに入っているので、愛のある厳しいお尻叩きをしながら、彼のふるまいがどれだけあたしを困らせたか、どれだけあたしの不興を買ったかをよく教え諭します。彼は告白します、あたしのお仕置きを受けていると怒りがフッと消え去ることを。

あたしは彼を抱きしめ愛撫して、お互い愛の言葉を囁きあいます。それはまるで魔法のように、ものの見事に功を奏します。

女性が愛情とお仕置きの複雑な相関関係を理解したなら、支配と服従のゲーム、特に女性による支配は、そう珍しいものでもありませし、とても意義深いものであることがわかりはじめます。

愛情たっぷりのやり方で躾けたりお仕置きすることができるのは女性の性です。

大人になった男性は、女性の手でされる愛のある躾を願ってやみません。

子供の頃女性からあまり構われなかった男性は、大人になってから躾を望む気持ちがとても強くなると信じてやみません。」





いかがですか。

Elise Suttonさまの洞察鋭いですね。

日常の夫婦の関係においても、参考になりました。



テーマ : S熟女
ジャンル : アダルト

ランキングに参加してます♪ ポチいただけるとウレシイです。

  
サバさんのサービス
Please translate into your language
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
お気に召したなら。IE専用かな
プロフィール

Sabbatina

Author:Sabbatina
サバティーナ●171cm67kg98-82-98cm●ピアス:耳、お臍、クリフード●フェティッシュ:ラバー・PVCレオタード、ハイレグパンティ、ピタパン、ピチパン●音楽:レッドツェッペリン、エアロスミス、ロキシーミュージック、イギーポップ、シック、リックデリンジャー、バウワウワウ●スポーツ:エアロビクス●mixiやってます

お時間あるときでもどうぞ。アンケートです
Twitter...
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

補正下着が好き

M男
サバさんの好きな画像・動画集です
検索フォーム
QRコード
QR
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
アクセスカウンター